甘い香りの魅力♡

「甘い香りは、セクシーでかわいくて温かい」 

よくある香りのオーダーの中で、

「甘い香り」を作って欲しい言われます。 

基本的にアロマセラピーで使う精油の中で、

「甘い」と表現されるものは少なくて

、バニラとベンゾインぐらいです。

 

実は、こういった、100%植物のみで構成される香り成分で

甘みを表現できるのは、少ないのです。 

 

市販の香水であるのは、、合成の香料をつかって

甘い香りづけをしています。 

 

車の芳香剤やコロンや柔軟剤で、甘いココナッツ系とかバニラ系の香りは、

植物のみでは表現するのは、難しいですね。(人工香料バリヴぁリっす)

そして

甘さといっても表現は様々で、

花系のローズやジャスミンなどの華やかさの中の甘さや、

オレンジやマンダリンの柑橘系の中の甘さをうまく利用して

自然界の中の、酸味や、苦味、の中の甘さを感じれるようになって

もらうと、心地よさをが全然違います。

何がいいたいのかといいますとw

そういった甘さを体験すると、人工の香りに??が出てくるかもしれない。

すなわち、香りがおよばす、人体への影響を知ることになるかもですww

 

そのへんは、こちらでお話しします(宣伝ですすいませんw

https://www.facebook.com/events/1715275005399239/

 

とういうことで、今回の甘い香り希望のブレンドは、

最後のベースノート(潜在意識とのつながり)には、しっかりとバニラの甘さを残し、

 

間のミドルで、パチュリーやフランジュパニ、ゼラニウムなどの花系と組む合わせることで、ベースの甘さを引き出すという

 

そして、最後のベースの残る時間に到達するまでは、 最初に香るトップノートでは、

まさか、この後に甘さが来るとは思えないほどの、フロラールと、柑橘の華やかでさわやかな

香りを仕掛ける!という、罠!

 

とっても楽しい甘さを表現することでできるのです。

 

そういう、香りの世界の奥深さをぜひ体感してもらいらいたいなー  

 

0コメント

  • 1000 / 1000