冬の香水

オークモスが本能をゆさぶります。

苔の香りって? 

 

生命を表現するにふさわしい芳しさ。

深くてはかなさもありエロティック! 

 

フランキンセンス、サンダルウッドの組み合わせが心地よいです。 

 

寒い冬の夜も華やかに表現もするし、大切なあの人のためだけに香らせることも可能。 

 

愛の中の愛! 

 

そして、何かとてつもなく悲しみに満ちている時や、誰かを強烈に恨んでしまいそうなぐらいの怒りも、すべて忘れてしまいます。 

 

それぐらい一瞬で本能と仲良しな香りです。 

 

冬の香水は、夏と違って服もたくさん着ているので、お肌の中に閉じ込めているので、香りの温存も長くお肌に残ります。内なる自分のエネルギーとシンクロして、夏とは違う楽しみ方がございます。 

 

開放的でなく内向的。でもチラりと香るその存在が、気になって仕方ない。あなたの存在が気になって気になって仕方なくなる。

そんな仕掛けもございますよw  

 

1月27日はそんな「冬の香水の仕掛け方」もお話ししますーう。

14時15分から

詳細はこちらから↓

https://www.facebook.com/events/545294099135906/

0コメント

  • 1000 / 1000